2009年05月15日

ビバリーヒルズチワワ

犬は苦手ですが、可愛かった。

チワワ.jpg


とりあえず、犬がしゃべるのが
いい感じだった。

クロエくらいのサイズだったら、
遊んでもいいかもしれないです。

投稿者 Rei : 13:03 | コメント (0)

2009年04月09日

ベッドタイムストーリー

ベッドタイムストーリー.jpg

夢の世界へ行きたいときに・・・
と思いきや

思ったより現実的なお話でした。笑


ということで、予定外っちゃあ予定外でしたが、
とりあえず、子役がかわいくて、
ベッドタイムストーリーがうま~く、
現実に絡みあう感じが、なかなか
よい味を出しております。

投稿者 Rei : 14:44 | コメント (0)

ヤッターマン

ヤッターマン.jpg

花見上がりの、よっぱらい状態で見に行って
間違えなく正解。

すっかり記憶の彼方に行ってしまった、
子供のころにみたヤッターマンを
「そういえば、そうだっけ~」と
思い出しました。

ドロンチョ様は覚えてましたが、
ドクロベエ様の存在は完全に忘れて
しまっていました。

でも、ヤッターマンとドロンチョ様が
恋に落ちちゃうのは、たぶん原作的には
禁忌な感じではないでしょうか?

それとも、原作もそうやって終わるの?w

投稿者 Rei : 14:40 | コメント (0)

フィッシュストーリー

フィッシュストーリー.jpg

最近見た映画。
全然記録してないなあということで、
直近3つくらい。

僕の孤独が魚だったら~
って、究極になぞな歌詞ですね(笑

たまに時系列で、混乱しつつも、
途中での推測があったたりすることもあり、
結構、自己満足満載の映画でした。


正義の味方はかっこいいっす。

投稿者 Rei : 14:37 | コメント (0)

2008年05月12日

隠し砦の三悪人

これも中々面白かった!

三悪人.jpg


悔しいけど、松潤がかっこいいと思ってしまった。
なんなんだ、あれ。

かっこよすぎるだろ。

道明寺司よりかっこよかったぞ(笑


映画としてのテンポも丁度よし。
ストーリーも分かりやすい。

満足。

投稿者 Rei : 23:58 | コメント (0) | トラックバック

少林少女

少林.jpg

面白かった。


ヒトコト。

江口洋介よりも、仲村トオルのほうが
ときめいたのは、私だけ?

投稿者 Rei : 23:54 | コメント (0) | トラックバック

2008年04月21日

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

行き当たりばったりで見たのだけれど、
今年一番のヒット!

駐在.jpg


あとから知ったけど、時効警察で演出と脚本した人が
作ってたんだ・・・・!

いやあでも、ほんとに笑った。

映画館中が堂々とあんなに笑う映画は久々だ。
キサラギ以来(笑)???


佐々木蔵之介が激しく素敵で、やばかったです。


テンポと音楽と笑い。
すばらしい融合。


これを見て以来、ファンキーモンキーベイビー
聞きまくりの毎日です(笑

投稿者 Rei : 23:33 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月16日

ガチ☆ボーイ

絶対に見たい1作だったんで。

今日行かなかったら行けなくなる!
と思っていってきました。

ガチ.jpg

すごい直球で、すごいピュアな映画だった。
こんなに、メッセージがシンプルで一貫してる映画
結構久しぶりだなあと思った。

個人的には、「タイヨウのうた」のほうが好き
だけど(鎌倉部隊なところにルーツを感じて)、
人柄、らしさはこっちのほうが伝わってきました。

次作も楽しみにしています☆

投稿者 Rei : 01:21 | コメント (0) | トラックバック

2008年03月03日

とりあえず

はやくガチボーイ見に行かなきゃ!


すでに、期待過多です。

投稿者 Rei : 12:50 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月12日

チームバチスタの栄光

最近映画のレビューも書いていなかったので。
久しぶりに。

バチスタ.jpg

まず、入る前からびっくりでした。

お買い物があって昼過ぎに行ったのに、
16時30分からの回のチケットを買うのに
すっごいならんで、しかも真ん中より後ろよりは
既に満席。

結構人気あったみたいです。


ストーリーは、とてもテンポが良い。
2時間くらいだったと思うけど、あっという間でした。
ちょっと物足りないくらいに、早かった。

竹内結子に相談している、おじちゃんおばちゃんの愚痴。
それから、阿部寛の存在感。コメツブ。

この3つがヒットでした。

投稿者 Rei : 12:57 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月14日

としあけてました

いつのまにか、としあけてました。
遅ればせながらおめでとうございます(笑


2008年はいろいろとありそうです。


と、そんな話はどうでもよい。

とりあえず、2008年になってからも
わーわー言いながら、きゃんきゃんいいながら、
なんのかんのであっという間に時間過ぎています。

いいとこもわるいとこもありますが、いいほうを
のばしたいものです。


最近のことといえば、ラクーアデビューしました!

あそこはけっこういい。
夜だけでもまあまあ満足でした。

日中から行って入り浸れば、間違えなく満足。
今度は昼からいきたいなあ。。。

ただし、カップルが多い模様なので、行きたいという
父と二人きりで行くのは、、、やめようと思います・・・。
絶対浮くし、、、エリア的に怪しく見えそうです(笑

あとは、相変わらず食に生きるということで、
 ・とある会話の影響でムール貝のおいしい店に行きたい
 ・テレビの影響でおいしい親子丼が食べたい
 ・いいかげんきのせまんが言ってたおいしいもつ鍋に行きたい
と、、、食い倒れな予感を感じております。


そんなわけで、ことしもよろしく。

投稿者 Rei : 22:33 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月17日

どろろ

どろろ.jpe

やっと見に行ったぜ~。
久々の映画♪

最初は、けっこうグロいかなぁと思いながら見ていたけど、
途中から思ったよりすっきり受け入れられた。

百鬼丸が、だんだん表情まで人間らしくなっていくのが、
取り戻した感あっていいなあと感じた。
妻夫木って、なんとなく映画でもドラマでも結構なぜか
見ちゃうし、いつも出てる作品面白いんだけど、
彼本人は、なんか好きじゃなかったんだよねえ。
目がいやらしい・・・というかw
でも、今回はよかったかな。

ストーリーは、大どんでんがえしとかはなく、おおよそ
予想通りに進んだ。その点については、ちょっとは
びっくり!!っていうことがあってもよかったのに・・・・
(なんて手塚治虫に言えよと言われそう)

でも、そのあたりは全部ミスチルつかってたことで
チャラですな。

どろろ2やりそうな気もするし。そのときもミスチルで!!

投稿者 Rei : 11:17 | コメント (0) | トラックバック

2006年08月30日

UDON

今週の話。

また、タダ券があったらいいので。

UDON.jpg

これ見てすぐうどん屋に言って、釜玉注文した私は
相当ミーハーでしょうか???w

いやだって、うまそうだもん。
香川いきて~~~。


終わらない祭りはない。


あたしの祭も終わったさ。はっはっは~~(壊れ気味


小西真奈美がかわいかった。。。
「踊る」のコネタが色々あった。

うどん毎日作って、、、なんてスローライフも
いいんじゃね?w

投稿者 Rei : 23:37 | コメント (21) | トラックバック

スーパーマンリターンズ

先週のこと。
おだと会って、勢いで見に行きました。

スーパーマン.jpg

スーパーマンって実はまともに見たことなくて、ちょっとビデオで
とかそんなかんじだったんですよね。

そんなわけで、この映画見るまでは、スーパーマンって
電話BOXじゃないと変身できないと思ってました。

とんだカンチガイでした。。。。


しっかも、別に変身しなくてもつよ~~~い。。。んですね。

投稿者 Rei : 23:32 | コメント (18) | トラックバック

2006年08月09日

ゲド戦記

ゲド戦記.jpg

7月末までの映画館鑑賞券。
使うならこの作品だろ!!
ってことで、、見てきましたよ。
(先週ですけどねw)

今原作を読んでいるのだけれど、きっと原作読んでいないと
わからないだろうなあという作品でした。
とはいっても、話は全然原作と違うのだけれど。
ところどころ、意味ありげに原作にまつわる話が
出てくるんだもん。。

うまく話の流れは作っていると思いました。
シュナの旅のほうがゲドよりもむしろ近いのか?
と思いつつ。(参考資料になってたけど)

ただ、、ジブリにしては景色とかの作りが甘い。。。
ストーリ以外のところでわくわくさせてくれる
あの感じがちょっと足りないかなあ。
まだ、ごろーさんはスタッフ皆様に認められて
いないんじゃないか・・・?と心配になったw

それにしても、今原作4巻よんでいるのですが、、
テルーって、やけど?で大きな声出せない子なんですね。。
映画では叫んでたけど(爆笑

投稿者 Rei : 18:45 | コメント (19) | トラックバック

2006年07月05日

タイヨウのうた

一度は満席で断念して、それでもやっぱりどうしても!
と、先週見ました。

タイヨウのうた.jpg

中高の先輩で、町田仲間でもある小泉さんの
初監督作品。たった3つ上なのに、早くも映画監督。
ほんとすごい。

会社で外回り多い分、ずっと東京メトロとかですごい
ポスターいろんなとこに貼ってあって、注目されてるんだー
ってわくわくして待ってた作品でした。

内容は、YUIかわいかった!
なんか、高校生くらいの女の子のかわいい感じがよく出てて、
歌もうまいし、こっちがどきどきする。

あとは、映画の舞台が江ノ島ってこともあって、知ってるとこ
だらけでした。思わず、見ながら笑ってしまうような、
見覚えのあるアングルとかね。。。
でも、江ノ島っていうか134周辺でも、あんなにいい絵になる
ところを見つけられたのは、彼だからこそじゃないかな。
なんて大げさに考えたりしてみた。

投稿者 Rei : 22:56 | コメント (19) | トラックバック

2006年05月19日

間宮兄弟

間宮兄弟.jpg

平日休み友の会にて鑑賞。

笑いに笑いました。
おもしろかったです。

よくもわるくも中身がなく、
よくもわるくも2人が兄弟っぽい。

映画館が笑いの渦は、やっぱいいよね。

投稿者 Rei : 23:19 | コメント (0) | トラックバック

2006年04月12日

クラッシュ

これはどんな話かも知らずに見て来た。
映画チケットがあったから。

クラッシュ.jpg

話は、アメリカにおける人種差別を軸に、色々な人生模様を描きつつ、
不運にも、それぞれの登場人物が楽しい意味ではなく、辛い意味で
つながってしまったりする。

助けた人のパートナーを偶然殺してしまっていたり、それが
知り合いの兄弟だったり、辱められた相手が命の恩人だったり。
強気な人が家庭環境はつらかったり。

人間関係わからないものだなと。
いろんなしがらみ持って生きているっていうのがよくわかる。

投稿者 Rei : 22:02 | コメント (11) | トラックバック

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女

ナルニア国物語第1章ライオンと魔女.jpg

何気に映画は見てる気がするw

ルーシーがかわいかった!!!

話は、あれよあれよと展開されていって、
あっというまに戦っててびっくらした。

でも、たんすの奥が別世界。なんていうファンタジーには
未だにあこがれてしまう。
がきんちょな自分を発見してみたw

気になるのは第2章は、大人の姿からスタートなのか。
それともまた、子供にもどって話が進むのか・・・。

投稿者 Rei : 21:59 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月20日

ニュー・シネマ・パラダイス〈デジタル・リマスター版〉

ニュー・シネマ・パラダイス.jpg

もう少しで終わっちゃうから。
行ってきた。

この映画、実は今まで見たことなくて、最後のあの
リクルートな感じの有名なシーンと、音楽以外
さっぱり知らなかった。

実際に見てみて、こんな話だったのか~。と関心。
やっぱり少し古い感じがするけれども、細部に配慮されて、
ところどころの笑いと、感動。

バランスが丁度いい。

あとは。。。
トトの子供時代がかわいい。
青年時代は顔が濃すぎ。
絶対、こういう成長はないだろう。。。とか思うw

投稿者 Rei : 23:57 | コメント (0) | トラックバック

2006年01月10日

ハリーポッターと炎のゴブレット

やっと洋画。

ハリーポッターと炎のゴブレット.jpg

といってもハリポタ。
そろそろ我慢ができなくなって見ましたさ。
だって気になって仕方がなかったんだもん。

話の内容は、割とこの話はこの話である程度完結
する感じに思わせつつ、最後の最後に完結しないぞ
ということが発覚したりしなかったり。
先の展開が楽しみですわ。

今回は、たぶんシリーズで初の悲しい出来事が
起こってしまったり、これまでのシリーズで、
一番の対決が見れたりとか。
完全に運命に翻弄されてるポッターがみれたりとか。
というわけで、本筋に気分的にはかなり近づいている。

でも個人的には、アズガバンの囚人のほうが好きだった。
話がすきだったのかな。。。
それとも、今回はみんな老けすぎなのがいけないのかな。。

あぁでも、、ハーマイオニーきれい。。。LOVE。

投稿者 Rei : 18:11 | コメント (0) | トラックバック

男たちの大和

男たちの大和.jpg

くろーずゆああーいずっ♪

とそんなわけで見ましたさ。

血がいっぱいとぶと、目をつぶったさ。
そういう絵は苦手だわさ。

中村獅童はあいかわらず、よかったさ。
さすがだったわさ。
反町隆史は久々にいい役やったね。

全体的に男くさかったね。
当たり前だね。うん。

戦争ものは夜夢に出てきて寝れないとか
よくあるから敬遠してたけど、今回は
夢に見なくてよかったよかった。

投稿者 Rei : 18:01 | コメント (0) | トラックバック

春の雪

はい、次。。

春の雪.jpg

竹内裕子はきれいでした。

すごくきれいにとっている映画だなぁという印象。
もう、どちらかというときれいすぎるくらいに。
リアルなんだからリアルじゃないんだか。
両方の気分を一気に味わえるような。

あとは、キヨさまのどこがいいのかよくわからないw
えぇ、わからないっす。
そもそも、妻夫木くんのどこがいいのかがわからない上に、
あのキャラ設定ですから、ちんぷんかんぷんです。

投稿者 Rei : 17:54 | コメント (12) | トラックバック

ALWAYS

映画レビュー最近してなかったので。
一気に。大雑把に。

ALWAYS.jpg

一部始終。目が離せない。
なんかあっという間な映画だった。

東京タワーが象徴的で、風景に
存在感があった。
でも、、本当にあんなふうに建っていったのか。
個人的にはそれも気になる。。。

ろくちゃん。かわいかった。
最近あの子は人気者だよなあ。
そういえば野ブタ。もあの子だったし。
見比べるとちょっとキャラの差が面白いw

あとは、、言うまでもなく、吉岡秀隆はすごい。
けど、堤真一がかっこいい♪
ごめん吉岡さんww

投稿者 Rei : 17:47 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月29日

メゾン・ド・ヒミコ

あと1つ忘れてた・・・・

メゾン・ド・ヒミコ.bmp

ゲイのための老人ホームのお話。
独特の世界観で、おいおいありえね~よ~って
感じのことも結構あるんだけど、
それでもすごくいい世界観。

それにしても、オダギリジョーは、たしかに
そっち系の人っぽいオーラ持っているなあ。。。
本当にゲイでもびっくりしないかも。

話題になっていた(?)、柴崎コウのすっぴん演技は
やっぱり、すっぴんなのに全然きれいで、
すっげえなぁと思った。

投稿者 Rei : 01:33 | コメント (0) | トラックバック

2005年10月26日

マザー・テレサ

研究会のフィールドワークのあとに、メンズデー組にやられて、
いってきました。

マザー・テレサ.bmp

いやぁ、前日のこともあり、眠かったんです。
そんなわけで、、前半うとうと気味。

ま、それでも話はわかりましたw

何よりも面白かったのは、お隣の親子。
どう考えても、字幕読めないような男の子が
おしゃべりしながらだけれども、おいのりしつつ見てて、
その横で母は涙。。。

完全に、信仰していらっしゃるようでした。。。

お話は、まあ実話に基づいてるんじゃないかなあ。
実はマザーテレサって、具体的にはどういうことしてるのかって
わからなかったので、意外な一面も見ることが出来て、
びっくりしましたとさ。

投稿者 Rei : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

この胸いっぱいの愛を

町田でやってて、偶然のタイミングで見ました。

この胸いっぱいの愛を.bmp

内容全然確認しないで行ったけど、全然よかった。

誰かさんのお好みのミムラがかわいくって、
年齢不詳で、かっこよかった。

はてさて、あたしの人生もそれなりに後悔はある。
そんな気がするけど、一体こんなことがあったら
どこに戻るんだろう。。。。

今、悪くないから、過去に行かなくていいかなぁ。

投稿者 Rei : 23:00 | コメント (0) | トラックバック

GHOST IN THE SHELL

GHOST IN THE SHELL.bmp

なんか、攻殻機動隊好きな方とか、詳しい方とか
な~ぜか多いので見てみました。

いやぁ、あたしこういうの見ると、映画の背景の心情とか
かな~~り深く考え込んじゃうんだよね。
というわけで、今回も悩みまくり。。
むずかしかったっすw

でもまあ、単純に映像美とか世界観は
割と好きかな~って思った。

思いっきりデジタルな世界で、たぶん実際の作品作りも、
話の内容もそっち系だから、世界観と映像がよく
合っているなあと思った。

いつか、自分の頭の中とか開くようになったらどうしようw

投稿者 Rei : 22:54 | コメント (0) | トラックバック

誰も知らない

最近見たもの、一気に更新w

誰も知らない。は、、実はずっと見たかったんだけど、TSUTAYAで
いっつも全部貸し出し。今回も、旧作なのに特別に3泊4日のみの
貸し出しになってました。

誰も知らない.bmp

この映画は、なによりも、主人公の男の子の変化が面白い。
面白いっていうと、語弊があるな。。。なんていうか、あの世代の子
だったら絶対そうだな~~って思える、共感できる変化。
もともとは、しっかりしていて、家族思いでやさしくて、
だけど時には、なんでこんなこと自分が・・・みたいになって投げ出したり、
友達との時間がほしくなったり、女の子が気になったり・・・
そうやって、どんどん変わりながら成長していく。

あとは、おかあさん。なんかすごい母だった。YOUビバ☆
あれだけ自由奔放に自分の幸せを追求して、自分の本当に
愛せる人を追い求めてるってのも、すげえなあって思う。
普段はすっごいやさしくていい母なのに、、恋愛すると
全部忘れて一直線。子供も放置・・・。
そんな親にはなるまい。。。と決心しましたわw

あとは、それ以外の子役の子もすごくいい味だしていて、
全体的に子役が輝く作品だった。
結構好きよこれ。感動かな。

投稿者 Rei : 22:47 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月15日

チャーリーとチョコレート工場

うちのジジがエントリー書いてる。。。
けど、その前の日のエントリーとほとんど一緒だ・・・w

なんて話はさておき。
みてきました。

チャーリーとチョコレート工場.bmp

夢いっぱいの話でした。
デップ様きれい。さすがてっぷと1文字違い(違)w
白塗りがとっても似合ってました。

なんか、ほんとになんでもやってやるぜ!
ともかくわらわせてやるぜコノヤロウ!
という精神があるんじゃないか?ってくらい
笑いが止まらない話でした。

最近甘いものをいっぱい食べてるけど。。
一段とチョコが食べたくなっちゃいました☆

投稿者 Rei : 02:33 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月12日

容疑者 室井慎次

今日は予定通り。見てきましたw

容疑者 室井慎次.bmp

なんか、ともかく。。。
室井さんかっちょいいっす。
まじ惚れます。

いやあ、真下君じゃああのかっこよさは出ない。
さっすが。室井♪

ストーリーの勢いとかは、今までの踊るシリーズとは
一味違う感じ。
踊るシリーズが好きな人は好きじゃないかも。っていう
話を聞いたけど。なるほど。そうかも。と思った。

ま、でも私はこれはこれで、男室井慎次を見ることが
できてよかったと思います。

所々のコネタもちゃんとあったしね☆

投稿者 Rei : 03:09 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月10日

NANA

予定外の事が重なって見て来ました。

NANA.bmp

この作品、マンガのダイジェスト版ってかんじ。
1つ1つのシーンを見ながらマンガを思い出して、
「ここには、こういう意味があるのよ~~」と
感じながら魅入る。
だから、読んだことない人はいまいちかもな。w

707号室とか、イデアホールとか、幸子の服装とかw
おもいっきり、きっちり再現してありました。
そのあたりはこだわり感じる。

お話は、タクミに出会うところで終わり。
その先のどろどろはちょっと映画でねw

投稿者 Rei : 23:25 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月17日

ホテルビーナス

今度はこれ見ました。

ホテルビーナス.bmp

なんだかこんなことばっかりしている夏休みだな。

この映画はね、絵がいいです。
なんか、アジア特有の乾いた感じというか、
そういうのがいい雰囲気出していて。

淡々と進む話の中で、曲が生きていて。

カメラアングルも好き。
きれいだった。

サイみたいな女の子も個人的には好き。
なんか、気持ちが無表情なのに
わかりやすくてw

投稿者 Rei : 00:14 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月15日

ぼくセザール 10歳半 1m39cm

こいつを見ました。

ぼくセザール 10歳半 1m39cm.bmp

内容よりなにより、、、フランス語でした。。。w

なんかさ、いいなあって思いました。
ああいう小さいときの、我侭っぽいかんじとか。
かわいい恋のかんじとか。

いまでも相当我侭なわたくしですが、それでも
うらやましく思った。w

セザールが、自分の見た目とかにコンプレックスを
もっているんだけど、なんかそのために、何もしないで
いるのはダメなんだなあっていう感じがして、
10歳半から教訓を頂いた気分です。

っていうか、セザール含め登場人物がめちゃくちゃ
かわいい顔してた。
フランス人ってやっぱ顔いいのかな。

投稿者 Rei : 13:28 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月08日

ジョゼと虎と魚たち

今度はこれ。。

ジョゼと虎と魚たち.bmp

だらだら見るには邦画が一番だな。

結構好きかも。うん。
池脇千鶴がおばあちゃん化してる・・・

なにが好きかっていわれると困るけど、
こう全体的な雰囲気とか、絵とか。
あの田舎な町並みとか、ちょっとリアリティの
ない感じとか。

ま、後半は完全に恋愛映画と化してたのが
ちょっと個人的には残念ではありますが。

あと気になったのは。。。魚の館(だっけ?)
とかいうラブホ。。。
ベッドが貝殻だったらしいが、、絶対あれ
妻夫木が寝るには縦の長さ足りてないって・・・w
・・・とそんなくだらないことを考えてしまいましたw

投稿者 Rei : 17:20 | コメント (0) | トラックバック

2005年07月31日

いま、会いにゆきます

映画版。今更ながら見ました。

いま、会いにゆきます.bmp

不思議な映画だった。というのが一番。

なんていうか、中村獅童の演技がいい感じの
味を出していて、そんでもって、なんとなく意味深な
オーラがこう、先を予想させる。

不思議と自然に涙がこぼれるような
そういう作品でした。

投稿者 Rei : 17:14 | コメント (0) | トラックバック